GAT-X105 STRIKEGUNDAM+ IWSP

改修箇所

ディテールアップ中心です。

頭部はメインカメラ、リヤカメラ共にくり抜き加工、中には小型のカメラパーツを埋め込み透明プラ板でカバーしています、バルカンはGテンプル製ツインバルカンに変更。

胸部はプラ板にてモールドを追加。

腰部分のフロントアーマーはMGじゃない方の1/100ストライクガンダムから流用しています、自分的にはこっちのほうが形状がカッコいいと思うのですが?。
後ろの腰アーマーはシャッターモールドをエバグリーン製のモールドプラ板に変更しています。

足首部分のシリンダーは真鍮製に変更、足裏のバーニアはメタル製の二重構造です。

IWSPは基本はそのままですがエッジをシャープに加工しています。

ライフルはスコープ部はセンサー埋め込み後透明プラ板にてカバー。
ビームサーベルはグリップ部分は真鍮製のパーツにてディテールUP 、ブレードはGテンプル製フルバーストソードに変更しています。

IWSP装着時はかなりのボリュームですがなんとか自立可です。



判りにくいですが背中の真ん中のスラスターはエバーグリーン製のプラ板でシャッターモールドを追加しています。






















全体の付属品です、久々の復帰作にしては選んだ素材が難易度Aでした。

ちなみにこの時点ではエアブラシが不調だったので塗装はグラデーション含めて主にガンダムカラーの缶スプレー仕上げです。

                 

                   プラウザでおもどりください。

スコープ部分は小型カメラパーツを埋め込み後にクリヤグリーンに塗装した透明プラ板でカバーをしています。

グランドスラムは刃先をシャープに加工。
刃紋をイメージしたグラデーション塗装です

グリップ上部を真鍮製スピンサートでディテールUPしています。

Gテンプルフルバーストソードを使用、蛍光ピンクのグラデーション仕上です。
グリップ基部はオリジナルです、真鍮製スピンサートを加工した物を使用しています。

シリンダーは真鍮製に変更しています。
あえて無塗装仕上げです。

社外パーツにてモールドを追加。

足裏バーニアはメタル製に変更。
外側は真鍮、内側はアルミ製の二重構造です。

カメラは前後共に二重構造に改造。
カメラパーツを埋め込んで塗装したプラ板でカバー。

バルカンはGテンプル製ツインバルカンに変更。

エッジをシャープに削りアンテナを追加しています。
塗装は航空機をイメージして軍用機的な配色にしています。

mgストライクガンダムです、10年以上模型から離れていて久々の復帰作です。
スタイルのカッコよさに引かれてこの機体を選びましたがIWSP付きはやることが多すぎて大変でした。
写真も荒いですがよかったら見てやって下さい。
inserted by FC2 system